OCT技術

光干渉断層撮影:組織検査における非侵襲撮像技術

内部構造の断層画像は、半透明物質の評価や基礎的な分析を提供することから、重要な計測手法とされています。医学における皮膚組織または製造環境における箔構造など、多くの用途では、表面付近の構造について3 mmの深さまで検査する必要があります。しかし、超音波検査法や磁気共鳴トモグラフィ(MRT)など、代表的な非侵襲断層撮影技術の中には技術的な限界に達し、薄膜層、微細層および細部構造をマイクロメートル範囲 で表示するために必要な解像度を充分に提供できないものがあります。

光干渉断層撮影(OCT)の技法は、半透明物質の横断面を非侵襲的かつ非破壊的に表示できます。このため、組織形態の特性評価、特に癌の検出に威力を発揮します。近赤外スペクトルを使用することで、最大数ミリメートルまでの侵入深度が得られます。これにより、多様な臨床応用への道が開かれます:

  • 以下の分野に重点を置いた低侵襲手術
    • 腔鏡検査
    • 耳鼻咽喉学
    • 神経外科学
    • 心臓病学等
  • その他の非侵襲的な適用分野
    • 皮膚科学および
    • 歯科
  •  ポイントオブケア診断。および新興市場での低コスト用途にも適しています。

バイオフォトニクスに関するドイツ-日本のリサーチアライアンスのパートナーには、この種の生体医学アプリケーション市場の著しい成長が期待できます。そして、連携してOCTのさらなる開発を推進してゆきます。一時的なプロジェクト体制から永続的な運営機構への移行計画を策定しており、資金援助期間の終了時点までに、独立採算制の研究機関による完全運営を目標としています。

ネットワークへの参加に興味のある企業様は、どうぞ「OCTmapp」プロジェクトチームのメンバーまでご連絡ください。